【おきゅうり漫画】先生のヒメゴト、僕と秘めごと 1話 ネタバレ【赤根先生がベランダで・・!!】無料試し読みあり


 

【作品名】 先生のヒメゴト、僕と秘めごと。1話

【著者】  おきゅうり

 

この記事では、

先生のヒメゴト、僕と秘めごと。1話

のあらすじ、ネタバレ情報を紹介していきます。

 

また、1話を読んでみた感想と見どころについても

お伝えしていきます!

 

先生のヒメゴト、僕と秘めごと。1話
のあらすじとネタバレ

 

「あっ・・・・ん・・・!!」

 

とある日、主人公の風里が

ジョギングをしていると・・・、

 

どこからともなく卑猥な声が・・・!!

 

一体、何の声なんだ・・・??

 

そう思った風里は、

おもむろに付近のマンションに目をやると・・

 

なんと、

 

ベランダでセックスターイム!!の

男女が!!

 

 

しかし、よく目を凝らしてみると・・・

 

学校の先生、赤根先生ではないですか!!?

 

赤根先生はベランダの手すりに

手をつき、後ろの男性から

バックでコリコリチ◎ポで

突かれまくっているご様子!!!

 

しかも、

普段目にする先生の表情ではなく、

完全にメス豚と化した本能丸出しの

エロ先生がいたのである!!

 

ピュアな風里はこの事実に

ショウゲキを受けてしまう・・!!

 

そして、次の日。

 

不注意から怪我をしてしまい保健室で

手当をしてもらう風見。

 

昨日の衝撃シーンが

相当こたえているようだ。

 

体調がすぐれないため、

早退することにした風見であったが、

 

保健室を出た瞬間・・・・

 

赤根先生に遭遇!!!!

 

さあ、どうなってしまうのか??

 

さらに詳しい内容を知りたい方は、

コミなびの無料試し読みがおススメです!(スマホ専用サイト)

⇒【コミなび】先生のヒメゴト、僕と秘めごと

【先生の】で入力すると出てきます♬

 

ただし、1話の前半部分の試し読み限定になります。

 

1話の続きがすべて知りたいんだ!という方は、

コミなびをつかうと、1巻 150pt (150円)

激安価格で購入できますので、かなりお勧めです♪

 

詳しい購入方法が知りたい人は、下記にまとめましたので

チェックしてみて下さい ♪

⇒先生のヒメゴト、僕と秘めごとをコミなびで購入する方法

 

先生のヒメゴト、僕と秘めごと 1話の感想

 

1話では、

 

主人公の風見がジョギング中にまさかの

セックスシーンを目撃してしまい、

 

そして、そのセックスしている人が

自分の学校の赤根先生だったという

とんでも展開でしたが、、、

 

まず、先生のセックスシーンの目撃は

衝撃が走るよね~~~~(´◉◞౪◟◉)

 

しかも、10代のピュアな男の子が

そんな大人の欲望のぶつかり合い

見てしまったら・・・

 

トラウマにならないか心配です(´・ω・`)

 

しかし、この赤根先生

 

なかなかの手ごわい女でして、、、

 

翌日の学校で、体調不良の風見と遭遇すると・・

 

 

あろうことか荷物運びを手伝わせ・・・

 

さらに、

 

手伝ったお礼に赤根先生がお茶を出すのですが

そのお茶をワザと(?)風見のズボンにこぼして、

乾かすためにズボンを脱がせる始末・・・。

 

 

怪しい・・・・・!!

 

 

赤根先生はまさか生徒の風見に手を出そうと

しているのでは・・・・・!!?( ゚Д゚)

 

続きは本編でたっぷり解説されてますが・・、

一見の価値ありますよ(^_-)-☆

 

先生のヒメゴト、僕と秘めごと 1話を最安で読む方法!

 

最後に、私はこの漫画をコミなびで購入して読みました。

 

電子書籍サイトでスマホで読めるから、誰にもバレずに

好きな時間に好きな場所でこっそり読むことができるんです♪

 

しかも、他の電子書籍に比べて1話の販売価格がダントツ安いです!

ちなみに、先生のヒメゴト、僕と秘めごとは、

1巻 150pt(150円)という激安価格で購入できます!

 

あと、ボーナスポイントも充実していて

私が購入した時はもれなく60 pt が付与されてきて

1巻分お得に購入できちゃいました( *´艸`)

 

キャリア決済にも対応しているから、

クレジットカードが不安な人でも安心して

購入できるからおすすめですよ♪

 

詳しい購入方法が知りたい人は、

こちらにまとめてみましたのでチェックしてみてください!

 

⇒先生のヒメゴト、僕と秘めごとをコミなびで購入する方法

 

次回のあらすじはこちらから♪

⇒先生のヒメゴト、僕と秘めごと 2話

 

コメントを残す